ニュース&イベント

メディア掲載の記事一覧

毎日放送:Catch!!にて、ホテルアナガ総料理長をご紹介いただきます。

アスリート、職人、アーティスト、クリエイターなど頑張ってる人達の『手』にスポットをあてたショートムービー。 人それぞれに大切な「手」は、どのような存在なのでしょうか?「手」を通じ、情熱や魅力を紹介いただきます。
総料理長前田慎也の『手』は??

今回収録頂いた内容は8月11日(土曜日)夜9時54分~の放送でご覧いただけます。
是非、今週末放送予定の「Catch!」をお楽しみください。

毎日放送「Catch!」の番組情報は
  こちら ⇒ 公式ホームページ 毎日放送:Catch!!

※先日(8月4日)は、淡路島のクラフトビール「あわぢびーる」も紹介しております。
淡路島の醸造家 20年の情熱も是非、ご覧ください!
辰巳出版:タツミムック「コーギースタイル Vol.41 」(6/29発行)
コーギー愛犬家に向け、年2回、初夏と初冬に発行される雑誌で、「旅するコーギー」の保存版特集内の
編集部が厳選する38施設の一つとしてドギー施設をご紹介頂きました。

全国で利用可能な宿泊施設を「コギさんと一緒に楽しむお宿」として夏休みの旅行先としておすすめいただきました。 旅の前に押さえておくべく「旅の心得」等の特集もあり、愛犬との夏休み計画はこれからの方へは、おすすめの一冊です。

ホテルアナガもドギー・ヴィラ&ガーデンをオープンして早くも2年が経過し、多くの愛犬家に優雅なリゾートステイを体験頂いております。
今年の計画がまだ!の方は、旅行先の候補地として是非、淡路島のシーサイドリゾートをご検討下さい!
コープこうべの雑誌「ステーション 6月号」(5/10発行)
特集:初夏の風に吹かれて、のんびり過ごす島の休日『まるごと楽しい!淡路島へ』にてホテルアナガをご紹介頂きました。

特集内の「島で、おいしい時間」紹介の中で、淡路島の旬素材を楽しむ「カドー・ドゥ・ラ・メール」のランチコースや「日本料理 鮨 阿那賀」にて期間限定メニュー(5月末まで)の淡路島サクラマスを使った「桜ちらし御膳」をご紹介いただきました。
今回の特集では、その他にも淡路島のカフェ紹介や島ならではのアウトドア紹介等の情報が満載です!
初夏の心地よい島風が吹く淡路島へ、お立ち寄りください。

◇カドー・ドゥ・ラ・メールのランチ紹介 ⇒こちら🔗
◇日本料理 鮨 阿那賀の「桜ちらし御膳」⇒こちら🔗

◇「コープステーション」の公式ホームページ ⇒こちら🔗
株式会社小学館「サライ 6月号」(5月9日発行)にてホテルアナガをご紹介頂きました。

離島特集:「伝統芸能が息づく島」にて淡路島の伝統芸能でもある淡路島人形浄瑠璃を堪能。
淡路島での滞在の宿としてホテルアナガをご紹介頂きました。
【淡路人形座】は、2016ミシュラン・グリーンガイド兵庫 WEB版で二つ星を獲得した格式ある伝統芸能です。
道の駅「福良」とも隣接し、公共交通機関をご利用のお客様もアクセスが簡単で、JR三ノ宮駅から淡路島行きの高速バスに乗車して約95分ととても便利。ホテルまではご予約いただければ「福良バス停」まで送迎が可能。

国生み神話の島「淡路島」で伝統芸能に触れ、地元食材を楽しむ創作フレンチで優雅な時間を過ごす島旅へ
お出かけしてはいかがでしょう。

◇サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト ⇒こちら🔗
朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」(2/17放送)にてホテルアナガをご紹介いただきました。

今回は、俳優の賀集利樹さんがご自身のル-ツを探しに淡路島へ!
国生み神話や淡路島の歴史に触れながら淡路島にご先祖様を探す旅がスタートいたします。
どのような方が賀集さんの‥‥。

ホテルアナガは旅の途中で疲れを癒やす宿としてお過ごしいただきました。
今回は、淡路島の冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」のふぐしゃぶコースでは贅沢な一品「ふぐぶつ」の薄造りとは一味違う食感と、大きく育った白子焼きなど、淡路島の冬を代表する「淡路島3年とらふぐ」をしゃぶしゃぶと鍋で堪能いただきました。
賀集利樹さんのおすすめしゃぶしゃぶはハチしゃぶ!だそうです。

客室では鳴門海峡を一望するスイートルームからの壮大な景色とこの時期ならではのサンセットをご覧いただき、大自然に囲まれながらゆっくりとお過ごしいただきました。

朝だ!生です旅サラダ「ゲストの旅」詳細はこちら↓
賀集利樹さん「ゲストの旅」リポート

ホテルアナガでは3月25日まで「淡路島3年とらふぐ」がお楽しみいただけるプランを3つご用意しております。
ぜひ、春の足音が聞こえ始めた淡路島で冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」を楽しむ旅へ出かけてみませんか?
■ふぐしゃぶコース:「淡路島3年とらふぐ」のふくしゃぶを味わうプラン ←今回ご紹介頂きました。
■ふぐ鍋コース:「淡路島3年とらふぐ」を愉しむふく鍋プラン
■美福鍋コース:「淡路島3年とらふぐ」を愉しむ~美福鍋プラン~

『淡路島3年とらふぐ』とは
通常、養殖とらふぐは2年で市場に出荷されるのですが、「淡路島3年とらふぐ」は鳴門海峡の近くで、さらに1年じっくりと時間をかけて最良の状態に育てられます。また、良質な食事を十分に与えて鳴門海峡のミネラル豊富な潮流が届く福良湾という絶好の環境の中、じっくり育てることにより味わい深いふぐになるのです。
11月から3月下旬までお楽しみいただける淡路島ならではのご当地食材です。
朝日放送:全国27局ネット「朝だ!生です旅サラダ」にてホテルアナガをご紹介いただきます。

今回は、「ゲストの旅」のコーナーで俳優の賀集利樹さんが淡路島へ!
冬の淡路島でどのような旅がスタートするのでしょうか?

ホテルアナガは旅の途中で疲れを癒やす宿としてご利用いただきます。

今回収録頂いた内容は2月17日(土曜日)の朝だ!生です旅サラダでご覧いただけます。
是非、今週末放送予定の「ゲストの旅」をお楽しみください。

朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」の番組情報は
  こちら ⇒ 公式ホームページ 朝だ!生です旅サラダ
株式会社世界文化社「家庭画報 3月号」(2月1日発売)にて、ホテルアナガをご紹介いただきました。

「美食を楽しむ、特選ホテル」のおすすめプランとして
「春の桜鯛と渦潮クルージングを楽しむ宿泊プラン」をピックアップいただきました。

2018年3月17日(日)淡路島の春と観光シーズンの幕開けを告げる、淡路島びらき『うずしおまつり・桜鯛まつり』が開催され、鳴門海峡では、春の大潮を迎え、一年で一番大きく渦巻く迫力満点のうずしおと、急流で育った桜鯛が人気を集めます。
そこで、ホテルアナガでは、プライベートクルーザー「アンチーム」での渦潮クルージングと旬を迎える桜鯛が楽しめる贅沢なプランをご用意いたしました。
ここ淡路島ならではのアクティビティと、春の美味「桜鯛」のコラボはホテルアナガならではのおすすめプランです。
これから迎える春本番。御食国(みけつくに)の食材「桜鯛」と、世界三大潮流の一つでもある鳴門海峡へプライベートクルーザーでの渦潮観潮クルージングが楽しめるおすすめプランで 春の淡路島を満喫ください。

ご宿泊プランのご予約は2018年度のクルージング運航案内にあわせ販売を開始させていただきます。
ご宿泊プランは3月16日のご宿泊よりご利用いただけます。今しばらくお待ちください。
■プランに関してのお問い合わせは 0799-39-1111まで
日本経済新聞の「NIKKEI The STYLE」(7月9日)にてご紹介をいただきました。

コーナーではこれから旬を迎える「淡路島の鱧(ハモ)」をクローズアップし沼島の漁師さんの取材と、フランス料理「カドー・ドゥ・ラ・メール」で提供する新スタイルの鱧料理を総料理長前田慎也のインタビューと共にご紹介いただきました。
日本料理の世界では慣れ親しんだ鱧を素材の特徴を活かしながらもフレンチでどの様な調理法、食べ方が新たに提案出来るかにチャレンジした料理で、鱧のふわふわ感とカダイフの食感で「鱧はこんなにふわふわでサクサクだった?」と楽しんでいただきたいと考案した一品です。
食材の宝庫淡路島の旬食材と新スタイルの鱧料理をお楽しみ下さい。

掲載頂いた料理と淡路ビーフが楽しめるご宿泊プランはこちら↓↓↓
🔗 厳選素材おまかせ料理プラン ~旬の海の幸と淡路ビーフを愉しむ美食家の晩餐~

シーサイドリゾートで、愛犬とのプライベートステイを

■メルセデス・ベンツ正規代理店にてご覧いただける『 Travel with Dog vol.08 』に掲載頂きました。
昨年の4月にオープンし愛犬との同室滞在が可能な客室「ドギー・ヴィラ」のほか、滞在者限定でご利用いただける「ドギー・ガーデン」。また、地元食材を使ったフランス料理「カドー・ドゥ・ラ・メール」や、日本料理 鮨「阿那賀」をご紹介いただきました。
プライベート感溢れる客室で、家族として過ごす愛犬と海辺のリゾートステイを満喫いただきます。

さらに、メルセデス・ベンツ日本株式会社とのタイアップ企画で、ドギー・ヴィラと本館との送迎など、ホテルアナガ滞在のお客様送迎に、V-Classのスポーツロングを使用して快適な環境を提供させて頂きます。

■美しい海と空と緑に恵まれた淡路島でメルセデス・ベンツ V-Class体験キャンペーン
 期間:2017年8月31日まで
 対象:ホテルアナガご利用のお客様送迎
 車種:メルセデス・ベンツ V 220 d Sports long

キャンペーン中は、ホテルアナガでのリゾートステイとメルセデス・ベンツV-Classを体験いただきます。

株式会社世界文化社「家庭画報 7月号」(6月1日発売)にて、ホテルアナガをご紹介いただきました。

毎年掲載される「極上ホテル」を愉しむ
日本の夏を素敵に過ごす 美食のホテルを訪ねて

食材の宝庫淡路島はかつて御食国として朝廷へ食材を納めていました。
島国ならではの恵まれた環境の中、夏を代表する食材「鱧」を始めとする夏の美味をご紹介。
また、ここ淡路島ならではのアクティビティとして、世界三大潮流の一つでもある鳴門海峡へプライベートクルーザーでの渦潮観潮クルージングの他、夏を素敵に過ごす美食のホテルとしてホテルアナガの魅力をご紹介いただきました。
これから迎える夏本番。御食国(みけつくに)の食材で ”淡路島キュイジーヌ” を是非、体験ください。

家庭画報の公式サイトにてご案内頂いております。
 詳しくは こちら ⇒  家庭画報.comへ🔗