ニュース&イベント

メディア掲載の記事一覧

淡路島の紹介本として人気のRicher別冊「淡路島」にて
ホテルアナガ内の和洋各レストランのランチメニューとラウンジメニューをご紹介いただきました。

京阪神エルマガジン社 Richer別冊「淡路島」(4月11日発売)
販売されると皆さま「淡路島」の本を片手にご来島いただける淡路島情報満載の1冊です!
ホテルアナガもラウンジのアフタヌーンティーメニューはじめ、お得な情報を掲載頂いております!
淡路島巡りの参考本としておすすめさせていただきます!

春・夏・秋・冬・・・おいしい淡路島へ
夏は鱧、冬は淡路島3年とらふぐなど、春夏秋冬を通しておいしいものが食べられる淡路島。
淡路牛や淡路ビーフ、新鮮な野菜がいただけるひと皿はもちろん、ジェラートやかき氷、海&森景色が楽しめるカフェも多数紹介。新しいスタイルのイチゴ摘み体験施設やフォトジェニックなトンネル、そしてCHUをしてくれるアルパカに会いにいったり。
さまざまなスタイルで楽しめるキャンプ場など、島遊び情報も満載。
淡路島に暮らす人も遊びに行く人も必携の1冊です。

Richer別冊「淡路島」雑誌紹介ページへ
朝日放送「おはよう朝日です」(1月23日放送)にて、ホテルアナガをご紹介いただきました。

今回は、「けさのクローズアップ」のコーナーで今旬を迎える淡路島の魅力を発信!
冬の淡路島でどのような素材や物が旬を迎えているのかを食レポを通じてお楽しみいただきました。

ホテルアナガでは人気の「淡路島3年とらふぐ」の鍋鍋料理をお召し上がりいただきます。

■淡路島の冬を食べ尽くせ
淡路ハイウェイオアシスでは、竹ちくわ「たけやん」の自動販売機や、蛇口から出てくる玉ねぎスープの試飲のほか、 パリパリの海苔、見頃を迎える灘黒岩の水仙郷!
白子が大きく、天然ふぐに引けを取らない淡路島の冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」等、
淡路島の魅力をご紹介いただきました!

朝日放送「おはよう朝日です」の番組情報は
  こちら ⇒ 公式ホームページ おはよう朝日です

eo光チャンネル「末成由美のおいしおまっせ!@末成亭」
記念すべく300回特別版の収録に、ホテルアナガをご利用いただきました。

300回記念スペシャル vol.1として298回から淡路島での様子が盛沢山でスタートいたしました。
今回は、いつも料理をしている家を飛び出し、末成由美さん、吉田裕さんの2人が訪れたのは、食の宝庫淡路島!
淡路島の各訪問先で美味しい料理の食材を調達しつつ、北から南まで淡路島を満喫いただきます。

300回記念スペシャル「末成由美のおいしおまっせ!@末成亭」
淡路島ではどのような料理が登場するのでしょうか、淡路島の様子と出会いも楽しみにご覧ください。

記念すべく300回の節目に当ホテルをご利用いただけた事は、大変うれしく
今後も400回・500回記念と回を重ねる長寿番組として楽しみにいたしております。

■「末成由美のおいしおまっせ!@末成亭」放送スケジュール
第298回 11月21日(水)11:45~  (再放送:土曜日 17:45~他)
第299回 12月05日(水)11:45~  (再放送:土曜日 17:45~他)
 ※300回記念放送予告
第300回 12月19日(水)11:45~  (再放送:土曜日 17:45~他)
 祝:300回記念放送 ホテルアナガにて収録
集英社:ファッション&ライフスタイル情報誌「éclat(エクラ)」1月号に掲載頂きました。
 ○「éclat(エクラ)」1月号:冬はこれ!「豪華・お取り寄せ鍋」特集 

冬はこれ!「豪華・お取り寄せ鍋」として、高級料亭・宿の味が楽しめ皆に喜んでもらえて、盛り上がるお取り寄せ鍋を紹介。ホテルアナガは、淡路島の冬を代表する味覚「淡路島3年とらふぐ」のふぐ鍋セットをお取り寄せ商品としてご紹介いただきました。

年々人気高まる「淡路島3年とらふぐ」。これからの時期は徐々に白子のサイズも大きくなり更なるお楽しみに。
鳴門海峡からほど近い福良港の沖合で、一般的には2年で出荷されるところ、3年間ていねいに育てられた「淡路島3年とらふぐ」。海峡から届く新鮮な潮流の中で育てるため、身がよく締まり、天然ものと変わらないぷりぷりとした歯応えが生まれる。
■ふぐ鍋セット
淡路島3年とらふぐ、コラーゲンたっぷりのふぐ皮、野菜類、特製ぽん酢、昆布、焼きひれつき。
是非、お取り寄せ頂き淡路島の冬をお楽しみ下さい。

【ホテルアナガのお取り寄せ商品】
冬の女子会の主役は「豪華お取り寄せ鍋」! 五選
ホテルアナガのふぐ鍋セット (スライド4/5に掲載)

 >> ふぐ鍋セットの詳しい情報は、こちら 🔗
K・Pクリエイションズ:PAVONE Vol.49「パヴォーネ」(10/20発行)
雑誌:PAVONEにてホテルアナガをご紹介頂きました。

昨年、開港150周年を迎えた港町・神戸を中心にご案内する中で、海でつながり国生み神話の眠る淡路島にも足を運んでいただきました。井植貞雄会長にインタビューいただき、ホテルアナガが開業してからの歴史や創業当時からの想いをご紹介頂きました。
島内では、2016年4月に日本遺産に認定された「国生みの島・淡路」~古代国家を支えた海人の営み~にゆかりある伊弉諾神宮や沼島などを訪れ国生み神話の魅力も体感いただきました。
最後には、豊かな自然に包まれる淡路島にはまだまだ秘められた魅力があるのではと‥‥。

神戸からも、明石海峡大橋を渡り1時間程でお越しいただける淡路島へ、四季の移ろいと共に輝く新たな魅力の散策に足を運んでいただければと思います。

雑誌:PAVONEに関して公式HPはこちら
毎日放送:Catch!!にて、ホテルアナガ総料理長をご紹介いただきます。

アスリート、職人、アーティスト、クリエイターなど頑張ってる人達の『手』にスポットをあてたショートムービー。 人それぞれに大切な「手」は、どのような存在なのでしょうか?「手」を通じ、情熱や魅力を紹介いただきます。
総料理長前田慎也の『手』は??

今回収録頂いた内容は8月11日(土曜日)夜9時54分~の放送でご覧いただけます。
是非、今週末放送予定の「Catch!」をお楽しみください。

毎日放送「Catch!」の番組情報は
  こちら ⇒ 公式ホームページ 毎日放送:Catch!!

※先日(8月4日)は、淡路島のクラフトビール「あわぢびーる」も紹介しております。
淡路島の醸造家 20年の情熱も是非、ご覧ください!
辰巳出版:タツミムック「コーギースタイル Vol.41 」(6/29発行)
コーギー愛犬家に向け、年2回、初夏と初冬に発行される雑誌で、「旅するコーギー」の保存版特集内の
編集部が厳選する38施設の一つとしてドギー施設をご紹介いただきました。

全国で利用可能な宿泊施設を「コギさんと一緒に楽しむお宿」として夏休みの旅行先としておすすめいただきました。 旅の前に押さえておくべく「旅の心得」等の特集もあり、愛犬との夏休み計画はこれからの方へは、おすすめの一冊です。

ホテルアナガもドギー・ヴィラ&ガーデンをオープンして早くも2年が経過し、多くの愛犬家に優雅なリゾートステイを体験頂いております。
今年の計画がまだ!の方は、旅行先の候補地として是非、淡路島のシーサイドリゾートをご検討ください!
コープこうべの雑誌「ステーション 6月号」(5/10発行)
特集:初夏の風に吹かれて、のんびり過ごす島の休日『まるごと楽しい!淡路島へ』にてホテルアナガをご紹介いただきました。

特集内の「島で、おいしい時間」紹介の中で、淡路島の旬素材を楽しむ「カドー・ドゥ・ラ・メール」のランチコースや「日本料理 鮨 阿那賀」にて期間限定メニュー(5月末まで)の淡路島サクラマスを使った「桜ちらし御膳」をご紹介いただきました。
今回の特集では、その他にも淡路島のカフェ紹介や島ならではのアウトドア紹介等の情報が満載です!
初夏の心地よい島風が吹く淡路島へ、お立ち寄りください。

◇カドー・ドゥ・ラ・メールのランチ紹介 ⇒こちら🔗
◇日本料理 鮨 阿那賀の「桜ちらし御膳」⇒こちら🔗

◇「コープステーション」の公式ホームページ ⇒こちら🔗
株式会社小学館「サライ 6月号」(5月9日発行)にてホテルアナガをご紹介いただきました。

離島特集:「伝統芸能が息づく島」にて淡路島の伝統芸能でもある淡路島人形浄瑠璃を堪能。
淡路島での滞在の宿としてホテルアナガをご紹介いただきました。
【淡路人形座】は、2016ミシュラン・グリーンガイド兵庫 WEB版で二つ星を獲得した格式ある伝統芸能です。
道の駅「福良」とも隣接し、公共交通機関をご利用のお客様もアクセスが簡単で、JR三ノ宮駅から淡路島行きの高速バスに乗車して約95分ととても便利。ホテルまではご予約いただければ「福良バス停」まで送迎が可能。

国生み神話の島「淡路島」で伝統芸能に触れ、地元食材を楽しむ創作フレンチで優雅な時間を過ごす島旅へ
お出かけしてはいかがでしょう。

◇サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト ⇒こちら🔗
朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」(2/17放送)にてホテルアナガをご紹介いただきました。

今回は、俳優の賀集利樹さんがご自身のル-ツを探しに淡路島へ!
国生み神話や淡路島の歴史に触れながら淡路島にご先祖様を探す旅がスタートいたします。
どのような方が賀集さんの‥‥。

ホテルアナガは旅の途中で疲れを癒やす宿としてお過ごしいただきました。
今回は、淡路島の冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」のふぐしゃぶコースでは贅沢な一品「ふぐぶつ」の薄造りとは一味違う食感と、大きく育った白子焼きなど、淡路島の冬を代表する「淡路島3年とらふぐ」をしゃぶしゃぶと鍋で堪能いただきました。
賀集利樹さんのおすすめしゃぶしゃぶはハチしゃぶ!だそうです。

客室では鳴門海峡を一望するスイートルームからの壮大な景色とこの時期ならではのサンセットをご覧いただき、大自然に囲まれながらゆっくりとお過ごしいただきました。

朝だ!生です旅サラダ「ゲストの旅」詳細はこちら↓
賀集利樹さん「ゲストの旅」リポート

ホテルアナガでは3月25日まで「淡路島3年とらふぐ」がお楽しみいただけるプランを3つご用意しております。
ぜひ、春の足音が聞こえ始めた淡路島で冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」を楽しむ旅へ出かけてみませんか?
■ふぐしゃぶコース:「淡路島3年とらふぐ」のふくしゃぶを味わうプラン ←今回ご紹介いただきました。
■ふぐ鍋コース:「淡路島3年とらふぐ」を愉しむふく鍋プラン
■美福鍋コース:「淡路島3年とらふぐ」を愉しむ~美福鍋プラン~

『淡路島3年とらふぐ』とは
通常、養殖とらふぐは2年で市場に出荷されるのですが、「淡路島3年とらふぐ」は鳴門海峡の近くで、さらに1年じっくりと時間をかけて最良の状態に育てられます。また、良質な食事を十分に与えて鳴門海峡のミネラル豊富な潮流が届く福良湾という絶好の環境の中、じっくり育てることにより味わい深いふぐになるのです。
11月から3月下旬までお楽しみいただける淡路島ならではのご当地食材です。