ニュース&イベント

2016年7月1日 姫野友美氏講演会とディナー


テレビ東京系列『主治医が見つかる診療所』にレギュラー出演のほか、「栄養療法」などに関するコメンテーターとして活躍中の姫野友美先生を講師としてお迎えし、今回は、「美と健康、そしてアンチエイジング ~細胞は日々生まれ変わる~」をテーマに「健康に生きる」ための様々なヒントをお話して頂きます。
講演会に続き、姫野先生監修による旬の食材を使用したメニューの美味なるディナーおよび特別朝食もご用意させていただいております。スペシャルディナー&スペシャルブレックファーストで心も身体も健康に。

日程:2016年7月1日(金)
場所:ホテルアナガ
定員:40名様 (要予約)
   ※定員になり次第、お申込受付は終了させていただきます。
時間:15:30~ 受付
   16:00~ 講演
   17:30~ 質疑応答
   19:00~ スペシャルディナー

●講演会&スペシャルディナー
 講演会と姫野先生が美と健康をテーマに監修したスペシャルディナーをお楽しみ頂きます。
 お一人様 30,000円(税サ込)

  講演会の案内パンフレット⇒PDFデータ

●ご宿泊プラン(1泊2食付)
 講演会+姫野先生監修のスペシャルディナーとブレックファーストをお楽しみいただける
 美と健康、アンチエイジングのご宿泊プラン。
 1室2名様ご利用:お一人様 43,000円~(税サ込)

○ 講師プロフィール:ひめのともみクリニック 院長 姫野友美

写真
九州大学医学部付属病院心療内科、Mayo clinic Emergency Room (U.S.A) Visiting Clinician、都立広尾病院、東邦大学大橋病院麻酔科、木原病院、 テーオーシービル診療所などを経て、2005年ひめのともみクリニック開設、 2006年日本薬科大学漢方薬学科教授就任。テレビ東京『主治医が見つかる 診療所』にレギュラー出演のほか、TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう一直線』、新聞、雑誌などでも、ストレスによる病気・症候群や分子整合栄養医 学に基づいた「栄養療法」などに関するコメンテーターとして活躍中。
主な著書は、15万部突破のベストセラー『女はなぜ突然怒り出すのか?』 (角川新書)を始め、『こころのクセを変えるコツ』(大和出版)、目からウロ コの栄養の話『心療内科に行く前に食事を変えなさい ~疲れた心に効く食べ物・食べ方~』(青春出版社)、“脳と栄養”第2弾、11万部突破の『成功 する人は缶コーヒーを飲まない』(講談社)など。最近では、2014年4月出版の『美しくなりたければ食べなさい』(三笠書房)が発売直後より重版が 相次ぎ、各メディアでも話題になった。2015年11月『いじらしいほど愛されたい女 かまって欲しいのに縛られたくない男』(三笠書房)発売中。




■ご予約・お問い合せは、ホテルアナガ 0799-39-1111(代表)
ホテルアナガでは昨年12月に開催いたしましたスペシャルディナーに引き続き、
春の季節を迎え、「世界に一つあなただけのスペシャルディナー ~風薫る新緑の海辺~」を
フランス料理「カドー・ドゥ・ラ・メール」にて5月21日に開催いたしました。

IMG_4586

当ホテルのフラッグシップディナーとして、定番になりつつあるプレシャスな「淡路島の旬の食材を使った、世界でひとつだけのあなただけの一期一会のスペシャルディナー」と謳った特別イベントとして、フランス料理「カドー・ドゥ・ラ・メール」にて、開催されました。
約20名に限定されたお客様には、事前に厳選された21種類のワインリスト(シャンパン含む)からお好みのワインをお客様に7 種類選んでいただき、淡路島の旬の食材が並ぶ皿に合わせ、

1.アミューズ1.乾杯
2.一皿目(タコと新玉葱の料理)
2.タコのムニエル 3.二皿目(鰆とじゃがいものお料理)
3.鰆の熱燻製1 4.三皿目(メバルとパスタの料理)
5.四皿目(鮑とキャベツ、キノコの料理)
5.鮑の肝ソース 6.五皿目(牛肉と豆のお料理)
6.牛テールの赤ワイン煮込み チーズ各種
8.チーズ各種1 7.デザートまで
7.ビワのテリーヌ

それぞれお客様が自らお選びになったワインに最適な調理方法で、旬の食材が提供されました。
テーブルを囲むお客様方とそれぞれワインと料理が違うため、お客様同士料理をのぞきあったり、選んだワインについて語り合ったり、と。
前回もご参加されたお客様にとっても、季節が変われば、ワインもお料理も変わる。

IMG_4703

まさに、世界でひとつ、あなただけの“今日だけ”の特別なディナーとなったことでしょう。

IMG_4500

改めてご説明しますと、この料理とワインの組み合わせは、一つのお料理に対して、3種類のワインから一つのワインを選ぶことを計7回繰り返します。
お一人のお客様だけでも、2,187通りございます。
それを約20名のお客さまが、一つのテーブルで楽しまれた一期一会な夜でした。

IMG_4750

3時間強にわたる本格的なフランス料理を楽しむスタイルのディナーにも関わらず、皆さまには、最後まで、お楽しみいただき、次回開催への期待も多数賜りました。

ホテルアナガでは、このような世界でも唯一無二のここでしか体験できないイベントやサービス、ホスピタリティを今後も皆さまにはご提供して参ります。

WEB_top

次回、スペシャルディナーの第3弾にこうご期待ください。


毎日放送「ちちんぷいぷい」内『ホリデー角さん』(5/3放送)にてご紹介いただきました。

ちちんぷいぷい初代司会者、角淳一さんが、お笑いコンビよゐこの二人とともに、自由気ままに、祝日だけロケをする企画『ホリデー角さん』のコーナーにてご紹介いただきました。
今回は、角淳一さんの「アメリカ車に乗って西海岸を走りたい」という夢を叶えるため、淡路島の西海岸をドライブ!その中の目的地として、角淳一さんが十数年前に知ってから「一度、行ってみたかった」と、ホテルアナガにお立ち寄り頂きました。
オトナの旅の道しるべ「旅行読売」(6月号)5月1日発売にてご紹介をいただきました。

第30回「パクパクてくてく関西街遊び」は、淡路島編としてハイウェイオアシスの他、ワールドパークONOKORO等々をパクパクてくてく島内散策。
ページ内のコーナー「ちょこっと寄り道!関西グルメ話」として、ホテルアナガのメインダイニング「カドー・ドゥ・ラ・メール」をご紹介いただきました。
IMG_4264w


ホテルアナガの月替わりおすすめデザートです。
■1階 ロビーラウンジにてご用意いたしております。

5月のデザートセット
Mousse d'Abricot et Pistache avec Glace Vanille
アプリコットとピスタチオのムース ヴァニラアイス添え


甘酸っぱいアプリコットムースと口当たりなめらかなピスタチオのムース。
周りはさっくりと焼き上げたピスタチオのダコワーズです。
ヴァニラアイスクリーム と一緒にお召し上がりください。

デザートとお飲み物
¥1,782 (1,500)

1階ロビーラウンジでは、月替わりでパテシエ自慢のアナガスイーツを、お楽しみいただいております。


各月にお楽しみいただける旬の食材を盛り込み淡路島の恵みをお愉しみいただくランチ。
淡路島は環境に恵まれた食材の宝庫です。地元で獲れる魚介類を始めさまざまな食材の旬をお届けいたします。
「カドー・ドゥ・ラ・メール」、「日本料理 鮨 阿那賀」の各料理長が、その時季のおすすめ食材を厳選し
料理に盛り込みます。四季折々の素材が持つ旬の旨味を堪能下さい。

場所:カドー・ドゥ・ラ・メール
  :日本料理 鮨 阿那賀
時間:11時30分~14時00分(ラストオーダー)
料金:お一人様3,000円(サービス料・消費税込)


◆カドー・ドゥ・ラ・メール
201605c1 ◇デジュネ・ド・リル(島)
前菜2種よりお選びいただきます。
 A:春キャベツと野菜のテリーヌ タコのカルパッチョ添え
 B:自家製ベーコンとポーチドエッグ、春野菜のサラダ仕立て
アオリイカと筍のパスタ ジェノバソース
メイン料理(魚料理、または肉料理)
 A:鮮魚のポアレ オニオン&ケイパーソース
 B:椎茸風味のポレンタを詰めた若鶏のソテー 旬野菜のロースト添え
おすすめデザートの盛り合わせ
コーヒー、紅茶、またはハーブティー


◆日本料理 鮨 阿那賀
201605a1 ◇『阿那賀の皐月』
瓦盛り:お浸し 白和え 魚の子旨煮 刺身 焼き玉葱
    出汁巻き玉子 焼き魚 胡麻寄せ 野菜酢漬け
    ふるせ天婦羅 玉葱天婦羅 よもぎ天婦羅 淡路もずく
温 物:茄子揚げ出し 青唐 糸花かつお 旨出汁
食 事:白ご飯 ちりめん山椒煮 香の物
椀 物:清まし汁
コーヒー


 ○ご予約・お問い合せ ホテルアナガ 0799-39-1111

コープこうべの雑誌「ステーション」(5月号)
特集『淡路島の、楽しい誘惑!』にてホテルアナガをご紹介頂きました。

「時を忘れて、ちょっと贅沢な島旅を。」とゆっくりお過ごし頂ける客室の他、地元食材を提供するレストラン等をご紹介頂きました。 春の心地よい島風吹く淡路島へ、お立ち寄りください。