2020年3月7日(土)

ワインペアリング・ エクスペリエンス 第13弾 スペシャルディナー

2020年3月7日(土): 第13弾となるワインペアリング・エクスペリエンスのスペシャルディナーを開催。
2世紀に渡る歴史を持つローヌの名門ワイナリー:ポール・ジャブレのフラッグシップでもあり今まさに飲み頃をむかえるエルミタージュ・ラ・シャペル2012をメインにシャンパーニュからデザートワインに至るまで、早春の淡路島素材を使った料理に合わせて6種のワインとの至高のマリアージュディナーをお楽しみいただきます。

1室2名様ご利用

お一人様 35,455円~

(室料・特別ディナー・朝食・サービス料込)

表示料金は目安料金です。実際の料金はお部屋のタイプにより変動しますので、ご予約前に必ず空室カレンダーをご参照ください。
ご案内料金にはサービス料が含まれます。別途消費税を頂戴いたします。

御食国「淡路島」の早春の素材を楽しむフレンチとポール・ジャブレ・エネが饗宴
当日は、ポール・ジャブレ:アンバサダーのグェンナェル・シェネ氏が来館し、
2月下旬に日本初上陸(ヴィンテージ)するポール・ジャブレの高級アイテムのお披露目と試飲会を兼ねたワインメーカーの特別セミナーも開催。
それぞれのワインの特徴とお薦めポイントをセミナーでは体験いただきます。

日時 /2020年3月7日(土)
セミナー / 17:00~ (約45分)※スペシャルディナーご利用でセミナー希望の方のみご参加いただけます。(無料)
ディナー / 18:30~ 【早春の淡路島素材を使った料理に合わせて6種のワインとの至高のマリアージュディナー】
料理 /フランス料理 フルコースディナー とローヌの名門~ポール・ジャブレ・エネ~との饗宴

■朝食 7:00~10:00(ラストオーダー)
カドー・ドゥ・ラ・メール(洋食)
日本料理阿那賀(和食)
いずれもセットメニューをご用意いたしております。


◆ポール・ジャブレ・エネ◆
ポール・ジャブレ・エネの歴史は1834年にアントワーヌ・ジャブレによって始まりました。
その後7世代、約2世紀にわたりローヌのエルミタージュを本拠地として、
伝統を守りながら未来を見つめ、卓越した品質のワインを造りを行っています。
1997年のジェラール・ジャブレ氏の死後以降、指揮官不在だったポール・ジャブレ・エネを2006年にカロリーヌ・フレイが購入。
ワイナリーの統制と改革に力を注ぎ、その功績はロバート・パーカーはじめ世界が絶賛し、現在も注目を集めています。

◆アンバサダー:グェンナェル・シェネ氏◆
パリにて、中国語、文明学にての修士課程を終了。
その後、マーケティングの学位を取得し、1990年代後半に中国最古の大学の一つである四川大学へ留学し、中国の茶文化についてリサーチを行う。
2000年には上海に移り、ワイン業界でのキャリアをスタートさせ、10年以上、販売、マーケティングともに携わり、アジアのワインマーケットについて、深く精通している。
2011年5月、上海に移り住んだ当初、扱った経験のあるポール・ジャブレ・エネへ入社。
中国のワイン市場に関し熟知しており、ワインチャレンジやソムリエコンテストなど、国内の主要なワインコンテストで審査員として活躍しています。
・WSET・アドバンスドサティフィケート(Wine & Spirit Education Trust認定)
・スパニッシュワインエデュケーター(スパニッシュアカデミー認定)

◇イベントに関するお問い合わせは、
 ホテルアナガ 0799-39-1111まで